MacBookのSSDの容量を交換して増やす(換装)!

MacBookの空き容量が足りなくなってしまったので、内蔵SSDを大きい容量のものに変えて空き容量を増やしました。

<Transcend JetDrive(SSDケース付き)で交換>

その他のメーカー製のSSDも交換方法はほぼ同じです。(お使いのMacbookに合ってるか確認して購入ください。)

1,データをコピーして

2,本体を開けてSSDを入れ替える。

コピーしている動画です↓



<純正SSDなど付属のSSDケースが無い場合>

データをコピーと本体のSSDを交換するのは同じです。

この方法は<TranscendのJetDriveで交換>の時とは逆で、先にSSDを交換します。(SSDケースが無いので本体をケース代わりに使用します)

他の外付けHDDなどにデータを一旦コピーしてから交換↓

  1. 他の「外付けHDD、SSD」などにMacBookのデータをコピー
  2. 本体のSSDを交換
  3. 「外付けHDD、SSD」からMacを起動 ※外付け(SSD,HDD)でMacを起動している動画は こちら
  4. 交換した本体のSSDにMacのデータをコピー

上の交換でのデータのコピーの流れは

本体のSSD

↓コピー

データを一時保管する外付けSSD、HDD

↓コピー

本体に入れ替えた購入したSSD


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA