macとiPhoneでAirDropを使ってファイルを送れない時は(解決?)11月17日更新

mac(yosemite)とiphone(ios8)の

1.Wifiは同じだし

2.BluetoothはOnにしてるし

3.MacのFinderでAirDrop開いているのに

Macからiphoneはファイル送れるけど、iphoneからMacにファイルが送れなくて色々試してみたら、iphoneのiCloudのサインインが済んでいなかったようです。

設定 → iCloud → 名前をタップ(触る)→サインイン

暫くすると同じ症状が出てサインインして治るので、なんかのタイミングでなるのかなぁ


 

(追記!)11月14日辺りから何もしていないのに急に送れるようになりました。

OSとかのアップデートもしてないし原因が分かりません。

Bootcamp使った時にMacを再起動したのでそれかも…

ちょっと今はそれしか思い当たる節が無いです。( ;´Д`)

使えないときは、おとなしくケーブル繋いで「イメージキャプチャ」で取り込んだ方がストレス無く使えるので、そちらをお勧めします。(すみません)
あとは、icloudのウェブページに行ってダウンロードするとかです
Macの方は2015年リリースの「Photos」を使えばicloudと同期しているので、そちらから


 

 

(追記!)2015年10月 iOS9とEl capitanで安定して繋がるようになりました(mDNSResponderのおかげ?)

 

似たようなサービスもありますので載せておきます
「PushBullet」 ‥‥‥何故かGoogleアカウントのパスワードを入力しないと利用できないのでお勧めしません。(新規に空のGoogleアカウントを作れば多少問題はないかもしれないですが面倒くさいので)

「Snapdrop」  ‥‥‥Mac,iPhoneのブラウザでSnapdropのページを開き、それらしい名前が出てくるので名前をクリックすると、送る項目がウィンドウで出てくるので選択する。(こちらも同じWifiやLTEなどに繋がっていることが条件です。WindowsPCやAndroidでも使用できますので、ほぼ全てPC、スマートフォン同士で送ることができます)

 

 

 


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA