編集した動画をDVD,ブルーレイに焼く方法

お祝い動画を作成している時に後回しにしてて最後慌てたのでメモしておきます。

<ディスクを作る為に必要なもの>

オーサリングソフト:

プレーヤーで見れるビデオ形式に変換してDVD、Blu-rayに焼く為のソフト(動画編集ソフトで出来る場合あり)

有名なソフトは「Apple Commpresor(Macのみ)」「Adobe Encore」「Toast」などです。

無料のソフトも有りますが、上記ソフトも含めて安全を確認の上ご使用ください

※.下記mp4 .movで保存&再生する場合は、オーサリングソフト必要ないです

ドライブ:

ブルーレイディスクを入れるドライブ(パソコンについている場合有)

<出てくる保存形式>

※写真で例えるとgif(荒くなる)で保存するかjpg(きれい)で保存するかの違いみたいなものです。

①ビデオ形式 ・・・・

  • ブルーレイ再生プレイヤーで再生出来る
  • 圧縮方式が古いので画質が悪い
  • 一般的にオーサリングソフトがビデオ形式に変換してディスクにしてくれる

※逆にパソコン・タブレット・スマートフォンだと再生できない場合があります。Macの現行機種は再生ソフトを入れないと再生できません

②.movと.mp4 ・・・・

  • ブルーレイ再生プレイヤーで再生出来ない(基本的に)
  • ビデオ形式と比較すると画質が綺麗
  • オーサリングソフトは要らない

パソコン・タブレット・スマートフォンでは再生出来るが、一般のブルーレイ再生プレイヤーでは再生できない(注※再生出来るプレーヤーが2014年ぐらいから発売されています)


上記のことから、

「どれで再生するか」(PC?、ブルーレイプレーヤー?、もしくは.mp4.movが再生できるブルーレイプレーヤー?)

「画質が綺麗なほうがいいか」

によってディスクに書き出す方法が違ってきます。

 

<一般的なブルーレイプレイヤーで再生出来るようにするには>画質が汚い

 

通常の手順は.movや.mp4などの動画を、ブルーレイの再生プレイヤーで再生出来るようにオーサリングソフトを使って「ビデオ形式」に変換+圧縮してディスクに書き出す(オーサリングソフトを使わなくても動画編集ソフトで出来る場合有) ※ソフトによってはDVDにしか焼けない物もあります。

①持っている.mov .mp4動画を

②オーサリングソフトでビデオ形式に変換+圧縮

③ディスクに書き出す


<.mov.mp4を再生出来るプレーヤーやPCの場合>画質がきれい

 

再生するのが.mov.mp4などのデータ形式ディスクを再生出来るプレーヤーだったりPCだとビデオ形式に変換する必要が無いのでオーサリングソフトは必要ないです。

①持っている.mov .mp4動画を

②オーサリングソフトでビデオ形式に変換+圧縮

③ディスクに書き出す

 

プレーヤーが対応しているので②の変換+圧縮の必要なし Panasonic製プレーヤー。(3万円ぐらい〜)

下の追記3にも商品の案内を書いています。 Blu-rayに動画を入れる時はUSBメモリに写真や動画を入れるのと同じでドラッグアンドドロップで動画を入れれば良いみたいです

2014年ぐらいから出始めたので、まだ対応しているプレーヤーが少ないと思います 他にも出てきていると思いますので『.mp4 再生ブルーレイプレーヤー』などで検索してみてください。

※.mov .mp4はビデオ形式に比べて動画ファイルを圧縮しない形式(だから綺麗)

※2015年現在、家にあるプレーヤーの多くは.mov.mp4ファイルを再生出来ません。

Windowsパソコンで.mov動画を見たい方はAppleのQuickTimeをダウンロードして下さい(無料)

「VLC」を使えば.mov見れます(安全を確認の上使用ください)

2016.4.19追記 Windows版QuickTimeはAppleのサポートが終了したみたいで使用はオススメ出来ません。すでにダウンロードされた方は、アンインストールして下さい。Windows Media Playerで再生出来ます(Windows10で検証済み)


 

オーサリングソフトや動画編集ソフトでディスクに書き出すと 『綺麗な画質のまま』というのは難しいので、早い段階でお持ちの「動画編集ソフト」や「オーサリングソフト」で確認&テストすることをお勧めします(何回でも焼き直せるDVD-RWとかBD-REとかで)

綺麗な画質にこだわるならオーサリングソフトは使わずに、.mp4 .mov のままディスクに書き出した方が良いです。再生出来るプレーヤーが必要ですが…

あと少し話がそれますが、出先でも小型パソコンやノートパソコンで.mov.mp4を再生してテレビに映す(出力する)方法もあります(これならパソコンとテレビをケーブルで繋ぐだけでOK)



 

「Compressor」の日本語の情報が少ないので、毎回引っかかる所を動画にしました。

Apple Compressorのまとめ

こちら(分かりやすくなってると思います)

 

その2

 

他のオーサリングソフト(Toastなど)は持っていないので、使い方と仕上がりの違いは分かりません。設定などで多少変わると思いますが、 圧縮する方式は結局みんな同じ決められたビデオ方式なので全然綺麗という事は無いと思います。


 

結局Blu-rayディスクの容量に「余裕」があっても、「決められたBlu-rayビデオ方式の圧縮」を行なう為どうしても画質が落ちるみたいです。(ファイルをビデオ方式に変換しないでそのままディスクに入れると、ファイルサイズはそのままで画質が綺麗ですが、今度はビデオ方式ではなくなり、2015年現在一般に普及しているプレーヤーで再生が出来なくなります。)

わたしの環境(Finalcut,Compressor)の場合35GBのBlu-rayディスクで余裕が有るのに、

5GBの動画ファイル(.mov)が →焼いた後170MB(Blu-rayビデオ方式)

「1/30」にファイルサイズが小さくなりました。 5GBのまま焼いてくれれば良いのに… ディスク容量35GBの内34GB近くが無駄に。


 

追記3 以前と違ってディスクが安くなったり、容量が100GBを超えるブルーレイディスクもあるので(BDXL) プレーヤーが.movに対応してくれたらこんな事気にしなくても良いのに… と思ったら有りました。商品リンクはこちらPanasonic

 

出始めなので普及する迄まだ時間が掛かると思いますが、早く普及して欲しいです。 スクリーンショット 2015-02-07 21.46.00

 

ビデオ形式(2015年現在の規格)より綺麗な.mov .mp4ファイル形式を「そのまま」再生するプレーヤーが普及していけば、 ビデオ形式は使わなくなっていくと思います。

カメラRawのように圧縮しない方が画質が良いのは勿論、 今のビデオ形式は圧縮が大きいというか、圧縮の方式が古いので画質が悪くなります。

ブルーレイビデオ形式 2000年頃の規格 (フルHD時代)

DVDビデオ形式    1990年代頃の規格

 

 


 

焼く為のドライブは 「ビデオ形式の再生プレーヤーソフト」付きの高いBlu-rayドライブじゃないとMacでBlu-rayビデオ形式の映像は見れないですが、 再生のソフトが付かない安い物でも、書き出しができるドライブならディスクに焼いたり、.mov.mp4の再生は出来るので安い物で大丈夫です。

(Mac対応と書いてない商品が多いですが、大体使えるみたいです【一応確認を】。ネットで買う場合は、レビュー欄などに「Macで使えた!」と書いてある物であれば、ほぼ間違いないです。)

※今更そんなに綺麗でもないビデオ形式の再生にこだわる必要は無いと思います。

私が使っているBlu-rayドライブはビデオ形式の再生はしなくても良かったので 「再生ソフトの付いていない」下記リンクのアイ・オーデータのBD-U6XLです。 Mac対応と書いてなくても、レビューで使えたと有ったのでこちらにしました。

【※追記】ちょっと古くなったせいなのか、なぜか高くなっているので安いやつをお探しください(対応と書いてなくても使えてますよという例としてリンクは残しています)

<商品リンク>


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA